「新老人の会」とは?

▼「新老人の会」の趣旨

「新老人の会」は、日野原重明先生が長年にわたり培ってきた「健康観」をベースに、日本のシニアが健やかで充実した生涯を送ることができるようにと願って発足されたものです。シニアが自立して、この年代でなければできない社会貢献をし、生きがいを感じられる生活を送っていただくために、上記の「生き甲斐の3原則とひとつの使命」と下記の「5つの行動目標」を掲げています。

▼「新老人の会」の活動

                     ⇒「新老人の会」入会お申込はコチラから

 

★40地方支部体制の全国的規模で活動展開中!!

「新老人の会」は現在東京本部と40の地方支部において。地域に根ざした独自の活動を展開しています。本部には会長・世話人・事務局で構成された「本部世話人会」が、支部には地方支部世話人会を設けて、相談しながら運営を担っています。

 ⇒ 地方支部所在地はコチラから

 

★日野原先生の講演会や支部フォーラムの開催!!

「平和」と「いのち」の大切さを伝えるために、北海道から沖縄まで全国に40の支部を置き、日野原重明先生の講演会と音楽の会を組み合わせたフォーラムを開催しています。2011年度実績では、30ヶ所でのフォーラムを開催し、延べ4万7千名が参加されました。

 ⇒今後のイベント開催予定はコチラから

 

★楽しいサークル活動で出会いと交流を!!

一人ではできないことも、よき友を持ち、お互いに励まし合うことで目標を達成することができます。志しを同じくしたよき友に出会うために、「コーラス」「ハンドベル」「書道」などの文化系サークル、「フラダンス」「社交ダンス」「ソフトボール」など健康運動系サークルなど、たくさんのサークル活動が自発的な呼び掛けで運営されています。新しい領域での交流にどんどん挑戦してください。

 ⇒本部サークル活動はコチラから

 

★「いのちの大切さ」を伝える授業(いのちの授業)の展開!!

2006年から「新老人の会」の3つのスローガンに加えて、「子どもに平和と愛の大切さを伝える」使命を追加しました。地方支部でもフォーラム開催に併せて「日野原先生のいのちの授業」を展開する機会が増え、「新老人の会」が地域に社会貢献する重要な活動の一つになってきています。

 

★毎月1回会報「新老人の会」とLPC財団月刊紙「教育医療」を発行!!

「新老人の会」では、毎月1日に会報誌を発行しています。主なトピックや講演会レポート、サークル活動情報、会員情報など情報満載です。今後はホームページやフェイスブックでのリアルタイムな情報発信と情報共有をして参ります。

▼「新老人の会」本部事務局